忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
模型製作をゆるゆるとやっておりますが・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DD163 JMSDF
何時・・・

手を着けようかな?

JMSDF DD163あまつかぜ の1/700レジンキットです。
このキットの原型は「旧PTエイジェンス」で、修理改修のうえで「モデルファクトリー九九式」で製作され、「カタパルト」で販売していたものです。
今でも、不定期ですが入手できる可能性があります。

工夫しだいで、新造時(アスロック未登載当時)と平成元年の時期が作れます。やる気があればどの時期もですがね。

パーツは剥離剤落としをかけて、船体の反りも暫定的に取ってあります。作る気、満々なのですが、切っ掛けが訪れません(笑)。
取り掛かると、一ヶ月作業になりそうな感じです。

23年前、世界の艦船に「あまつかぜ」の図面を見つけ、グリーンマックスから出ていた米駆逐艦フレッチャーの船体を利用してスクラッチして製作。
当時住んでいた秋田市の「さとう模型」のショーウインドウに飾ってもらったことがあります。
店主から「お客があのキットが欲しいって、言ってましたよ」って、言われて嬉しかった思い出があります。
同時にソ連艦「クリバック」のⅢ型をⅠ型を改造して作り、並べてもらいましたな。

秋田の「さとう模型」は今はもう無いようです。
あの完成品達はどこにいったんでしょうね。
あのおやじさん、元気かな?
PR
≪  57  56  55  54  53  52  51  50  49  48  47  ≫
HOME
Comment
無題
就航当時の海自では、今のイージス以上の貴重品だったようですね。
高くて、最初からはフル装備が出来なかったようですな。

製作ですが・・・
やはり、マストがレジンキットのきもですよね。でも、時間をかけてゆっくりやればなんとかなるもんですよ。
高○ URL 2007/05/24(Thu)19:34:29 編集
無題
自衛艦初のミサイル護衛艦ですね。
私もこのフネ、好きです~。

でも、私はレジンキットには、どうも腰が引けてしまいます。
マストのトラス構造を自作するのが、チョット…。
Hood URL 2007/05/24(Thu)11:47:24 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  57  56  55  54  53  52  51  50  49  48  47  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/28 高○]
[06/28 Hood]
[06/27 高○]
[06/26 Hood]
[06/26 高○]
プロフィール
HN:
高○
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1958/08/18
職業:
まだ会社員
趣味:
お酒と模型
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]